川上喜朗

1993 | 日本

1993 東京生まれ

2018 東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻 卒業

2020 東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻 修了

 

私は作品制作において、男なのか女なのか、大人なのか子供なのか、

あの世なのかこの世なのかもわからない、居場所がなく未成熟なまま生きる少年達を想像しながら描き続けています。

彼らは作品の中でただ存在し続けています。そこに佇んでいます。

彼らは常に少し怯えています。瞳はどこを見ているのかわかりません。

強い眼差しで見つめているのか、それとも虚に何も見ていないのか。

その眼差しは、もしかしたら極東の片隅に生きる僕たち自身の眼差しかもしれない。

そう感じながら、絵画・アニメーションにおいて、私は彼らを描いています。