Zoe

1985 | 日本

 ZOEは2020年から落書きをするようになり、それを見た「ある人」に「明日から、アーティストになりなさい」と言われ、さらに今のアーティストネームもつけられたという。  大胆な色使い、自由な想像力に満ちた世界観がZOEの作品の魅力である。そしてユニークなキャラクターが特徴的だ。その独自の世界観について、ZOEはこう話す。  「いつも『無用なモノ』たちは『有用なモノ』たちに蔑まれます。汚いモノにフタをするように、片隅に追いやられ隠蔽されてきました。それは、これからも反復されるでしょう。しかし、その『無用なモノ』たちはいつでも黙っているわけじゃありません。作品に描く彼らはポップでいて革命的である様態ゆえに『無用』とみなされてしまう存在ですが、ぼくは出来損ないで無用だとレッテルを貼られた彼らが、愛しいのです。ぼくの作品は『有用なモノ』たちへの闘争の物語でもあります」  今回の初個展を前にして「明日のことも定かではありません」と遠慮がちに語る。とはいえ今展は新作30点以上を出品予定で、意気込みは充分だろう。